“緊急事態宣言”で首相 「必要なら決断・実行」

政治・外交 医療・健康

国会は、衆議院の本会議で、新型コロナウイルスなどをめぐる質疑が行われたが、出席した閣僚と議員、ともにマスク姿がずらりと並んだ。

この中で、安倍首相は、緊急事態宣言について、「必要なら、ちゅうちょなく決断し、実行する」と述べた。

安倍首相「(緊急事態宣言は)時々刻々と変化する事態の先を見通しながら、国民の生命と健康を守るために、必要であれば、ちゅうちょなく決断し、実行する」

安倍首相は、「現時点では、全国的かつ急速なまん延という状況にはない」とする一方、「少しでも気を緩めれば、いつ急拡大してもおかしくない瀬戸際が継続している状況だ」と指摘した。

そのうえで、緊急事態宣言について、「必要であれば、ちゅうちょなく決断し、実行していく」と述べた。

与野党は、新型コロナウイルスの感染防止のため、1日、マスク着用と、入場前の手指の消毒の徹底などを申し合わせ、2日の本会議には、安倍首相ら閣僚も、与野党の議員も、マスク姿で臨んだ。

立憲民主党・逢坂誠二衆院議員「現在、多くの国民の皆さまはマスクが十分に流通せず、感染の恐怖にさらされている」

安倍首相「緊急経済対策に、洗うことで再生利用可能な布マスクの買い上げを盛り込むこととし、全国5,000万余りの世帯全てを対象とし、1住所あたり2枚ずつ配布するとした」

3日は参議院の本会議で、新型コロナウイルスなどに関する安倍首相の報告と質疑が行われる。

(FNNプライムオンライン4月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス