天皇陛下 マスク姿で皇居へ

社会 皇室

天皇陛下は3日、宮中祭祀(さいし)に臨むため、マスク姿で皇居に入られた。

午前9時すぎ、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、陛下は、報道陣らを前に初めてマスクを着用し、会釈をして皇居に入られた。

3日皇居では、初代天皇とされる神武天皇をしのぶ宮中祭祀「神武天皇祭皇霊殿の儀」が行われ、陛下は装束姿で臨まれた。

宮内庁によると、天皇皇后両陛下は感染拡大に深く心を痛めていて、陛下は4月6日、新型コロナウイルスの政府の専門家会議の尾身茂副座長から感染状況などについて説明を受けられる予定で、体調が整えば皇后さまも同席される見通し。

(FNNプライムオンライン4月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

皇室・王室 皇室 天皇 FNNニュース 感染症 新型肺炎 新型コロナウイルス