「アビガン」200万人分確保へ 緊急経済対策の原案

政治・外交 経済・ビジネス 暮らし 医療・健康

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府が7日にもまとめる緊急経済対策に、治療薬として効果が期待される「『アビガン』200万人分の確保」を盛り込む方針であることがわかった。

経済対策の原案では、感染収束までの対策を「緊急支援フェーズ」と、その後の「V字回復フェーズ」の2段階で行うとしている。

そして、「医療提供体制の整備、治療薬の開発」と「雇用の維持と事業の継続」、「次の段階としての官民を挙げた経済活動の回復」など、5つの柱を掲げている。

具体的には、「アビガン」200万人分の確保のほか、児童手当の受給世帯に対して、児童1人あたり、1万円を上乗せするとしている。

また、観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメント事業など、甚大な影響を受けた分野に、重点的・短期集中の支援策を講じると明記している。

(FNNプライムオンライン4月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 医薬品 感染症 新型肺炎 新型コロナウイルス