東京都 7日からホテル療養検討 無症状や軽症感染者ら対象

社会 暮らし 医療・健康

東京都は、7日から無症状や軽症の感染者などについて、医療機関からホテルに移して療養させる方向で最終調整していることがわかった。

小池百合子東京都知事「宿泊療養、ホテルも週明け早々には、今いる病院から転出と移動ということになるかと思う」

関係者によると、ホテルで療養するのは、無症状や軽症の感染者。

さらに、退院までに受ける2回のPCR検査のうち、1回目が陰性だった患者も対象にするかどうか検討しているという。

東京都は、7日からこれらの感染者について、入院中の医療機関からホテルに移す方針で、療養できる部屋を1,000室確保する方向で最終調整している。

一方、都内では、4日の時点で817人が入院中だが、東京都は、6日までに1,000床を確保する見通しで、7日からのホテルの活用とあわせて、さらなる感染拡大に備えることにしている。

(FNNプライムオンライン4月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

東京 健康・医療 FNNニュース 感染症 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス