大阪でも軽症者をホテルに 三木谷社長 無償提供へ

社会 暮らし 医療・健康

楽天の三木谷浩史会長兼社長は、新型コロナウイルスの感染拡大への対応として、個人で所有するホテルを無償で提供すると、大阪府に申し入れた。

大阪府は先週、軽症者などが療養するための宿泊施設として、ホテルを募集すると発表した。

それに対し、楽天の三木谷浩史会長兼社長は4日、ツイッターで「個人で所有するホテル、598室を無償で使ってほしい」などと、大阪府の吉村知事に電話で申し入れたことを明らかにした。

ホテルは現在、臨時休業していて、ホテルの担当者も募集に応じたことを明らかにしている。

大阪府は、7日までメールで募集していて、すでに複数の事業者から打診を受けているという。

(FNNプライムオンライン4月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

大阪 関西 健康・医療 FNNニュース 感染症 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス