健康・安全考慮し使用停止へ 東京五輪の強化拠点

スポーツ 東京2020 医療・健康

緊急事態宣言を受けて、オリンピック・パラリンピック出場選手らの強化拠点も、使用が停止されることになった。

8日から使用が停止されるのは、トップアスリートの練習拠点、ナショナルトレーニングセンターや国立スポーツ科学センターなど、競技力向上に向けた国の施設。

JSC(日本スポーツ振興センター)は、緊急事態宣言をふまえ、アスリートの健康や安全を第一に、5月6日までの使用停止を発表した。

宿泊棟の利用者は、順次、退去を始めているという。

国立競技場や代々木競技場も営業を休止するとしている。

(FNNプライムオンライン4月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 東京五輪・パラリンピック 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス