ローソンが感染対策 ビニールシート導入へ

経済・ビジネス 暮らし

大手コンビニで、新型コロナウイルスの感染リスクを考慮した新たな取り組み。

これは、ローソンが緊急事態宣言の対象地域の店舗に順次導入するもので、利用客と従業員の間での安全を確保するため、レジカウンターに透明のビニールシートが設けられる。

セブン-イレブンでも、一部の店舗でこうした対策を行っているほか、レジの順番を待つ利用客が間隔をあけて並べるよう、床に印をつける対策も始まっている。

(FNNプライムオンライン4月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

コンビニエンスストア FNNニュース 感染症 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス