東京メトロの利用者 “宣言”で6割減

社会 暮らし 医療・健康

「緊急事態宣言」の翌日だった8日、東京メトロの1日の利用者が、2019年の同じ時期と比べて6割減ったことがわかった。

6日と7日は、前の年から4割から5割減り、緊急事態宣言後の8日は、そこからさらに1割が減った。

朝の通勤時間帯で比べると、7時半から8時が4割以上、8時半から9時が6割以上、利用者が減少している。

(FNNプライムオンライン4月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

東京 健康・医療 FNNニュース 東京メトロ 感染症 新型肺炎 新型コロナウイルス