新型コロナ死者 男性7割超 重症化と性別の関連は不明

社会 暮らし 医療・健康

菅官房長官は、新型コロナウイルスの感染により、国内で死亡した人の男女の割合について、男性が7割以上であることを明らかにした。

菅官房長官は、「国内で感染者全体に占める男性の割合は約6割であるが、亡くなった方に占める男性の割合は7割強と承知している」と述べた。

そのうえで菅長官は、感染者が重症化する要因について「基礎疾患の有無や年齢など、さまざまな要素が絡むとされており、単純に性別が影響しているかどうかはわからない」と説明した。

さらに「いまだに不明な点が数多くあり、引き続き専門的見地から研究が進められる」と述べ、性別を問わずに、密閉・密集・密接の3つの密を避ける取り組みへの協力を呼びかけた。

(FNNプライムオンライン4月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス