商店街に多くの買い物客 百貨店休業で新宿駅前閑散

社会 暮らし 医療・健康

緊急事態宣言が出されてから初めての日曜日を迎え、東京都内では、百貨店などの休業が続いている中、町の商店街は買い物客が多く見られた。

新宿駅では、百貨店が臨時休業となっていて、駅前の道行く人の姿もまばらだった。

仕事で出て来た人は「代々木から大久保まで歩いてる」、「安全のため、健康のため」、「きょうは時短勤務で出勤している。しょうがない」などと話した。

一方、品川区の戸越銀座商店街では、買い物客の姿が多く、新宿駅前よりも人出が多く感じられた。

地元の人は、「商店とかあるので、買いに出かける感じで、出かけているのではないか」と話した。

飲食店の店員は、「テークアウトは、すごく増えている」と話した。

(FNNプライムオンライン4月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

東京 健康・医療 FNNニュース 感染症 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス