消毒液代わり ウォッカなども認める 全国の医療機関などに通知

社会 暮らし 医療・健康

不足する消毒液の代わりにウォッカを。
厚生労働省が異例の通知を出した。

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、アルコール消毒液の供給が不足しているため、厚労省は、やむを得ない場合に限り、アルコール度数の高い酒を代わりに使うことを「特例」として認める通知を、全国の医療機関などに出した。

対象となるのは、成分にメタノールを含まない、アルコール度数が70%から83%の範囲の酒で、ウォッカなどが該当する。

また、さらに度数が高い酒については、消毒効果が十分に得られるよう、精製水などで薄めて使うこととされている。

(FNNプライムオンライン4月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 FNNニュース 感染症 厚生労働省 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス