接触率8割減へ 週明けの実態は 人が集まる場所も...

社会 暮らし 医療・健康

人との接触を8割減らしてほしい。
この呼びかけを受け、人々はどう行動したのか。

13日午後8時の渋谷の様子。
いつもは人が行き交うスクランブル交差点も閑散としている。

人との接触を極力、8割減らしてほしい。
政府の呼びかけを受け、この週末の人の動きに大きな変化があった。

NTTドコモが発表したデータによると、12日午後3時時点の人出は、緊急事態宣言が出る前の先週日曜日(5日)と比べると、東京・渋谷で25.5%、横浜で25.7%、千葉・船橋で23%、埼玉・大宮で30.5%減少した。

また、JR東日本によると、11日の渋谷駅の利用者は、2019年と同じ時期の土曜日のわずか2%にまで減少していたことがわかった。

週明け13日午前8時の東京駅。
緊急事態宣言が出された翌朝の4月8日と比べてみても、出勤する人の数にあまり変化はない。

東急線の二子玉川駅。
東京都から外出自粛要請が出ていた3月26日と比べると、13日朝はわずかに減っている程度。

出勤する人の多くは、仕事柄、テレワークを行うことは困難だという。

ホテル業「(対策は)できていない。テレワークはしたいが客がいるので、どうしても現場にいないといけない」

介護職「介護はやはり画面越しではできないので、どうしても客との対人になるので、テレワークは無理」

一方、緊急事態宣言が出ていない茨城県では、パチンコ店に足立や練馬ナンバーなど、県外から訪れた車が目立った。

また、データ上で人が減っていることがわかった繁華街とは対照的に、こんな場所も...。

12日の東京・戸越銀座商店街の様子。
観光客の数は減っているというが、多くの買い物客でにぎわっていた。

繁華街から人が消える一方、特定の場所では、あまり変化が見られない現状について、13日、小池都知事は、「大きな繁華街からは本当に人が消えたような、これまでにない、見たことのない光景になっている。一方、地域の商店街などには大変、家族連れが出て、むしろ“密”をみんなで結果的に作ってしまったという状況だと思う。少しでも(接触)8割削減という目安があるので、これはみんなで作らないと実行できないので、引き続きよろしくお願いしたいと思う」と述べた。

(FNNプライムオンライン4月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス