外国人の入国者数94%減 3月 中韓は大幅に...

政治・外交 社会

3月の外国人の新規の入国者数が、2019年と比べておよそ94%減ったことがわかった。

出入国在留管理庁によると、3月に日本に新規で入国した外国人の数はおよそ15万2,000人で、2019年3月と比べて、およそ235万2,000人、およそ94%減った。

国別では、3月9日から、ほかの国より早く入国制限の強化を始めた中国と韓国からの入国者が大幅に減った。

前の年と比べ、中国がおよそ54万6,000人が3,716人に、韓国がおよそ56万6,000人が1万919人になっている。

(FNNプライムオンライン4月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

観光 観光政策 FNNニュース 入国管理