平日の人出 約6割減 出勤7割減の要請後

社会 暮らし 医療・健康

平日の人出が、5割から6割減った。

NTTドコモが推計したデータによると、13日午後3時時点の東京・渋谷周辺の人出は、新型コロナウイルスの感染拡大前の平均値と比べると、65.2%減少していた。

そのほか、大阪・梅田周辺では67.7%減、福岡・天神周辺では51.3%減となった。

13日は、政府が緊急事態宣言の対象地域の事業者に、出勤者を最低7割減らすよう求めたあと、初めての平日だった。

(FNNプライムオンライン4月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

東京 大阪 福岡 渋谷 FNNニュース 感染症 梅田 新型肺炎 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言