GW 新幹線の予約 昨年比9%と低調

社会 暮らし

JR各社によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ゴールデンウイーク期間の新幹線の予約が激減し、2019年のおよそ9%にとどまっている。

また在来線も、2019年の12%程度という。

ゴールデンウイーク期間中の新幹線と在来線の予約可能な席数全体に対し、予約率はおよそ4%で、感染拡大による外出の自粛が表れた結果とみられている。

(FNNプライムオンライン4月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

鉄道 新幹線 運輸・交通 JR FNNニュース 旅行 ゴールデンウイーク