東芝 国内拠点を原則休業 トヨタ 国内工場を一時停止

経済・ビジネス

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東芝は、4月20日から国内全拠点を原則休業とする。

関係者によると、東芝は、4月20日から5月6日まで、本社や工場など国内の全ての拠点を原則休業にするという。

グループの従業員およそ7万6,000人全てが対象だが、発電所などの社会インフラに関連する業務などは続ける。

一方、世界的な需要低迷を受けて、トヨタ自動車は5月1日と11日の2日間、国内に15ある全ての自動車工場の稼働を停止する。

12日以降も、愛知県の堤工場や田原工場など5つの工場の9つの生産ラインでは、最長で18日まで稼働を一時停止するということで、5月の減産規模は、およそ7万9,000台になる見通し。

(FNNプライムオンライン4月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

東芝 トヨタ自動車 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策