医療用フェースシールド製造へ 日産 月約2500個を提供

経済・ビジネス 医療・健康

日産自動車も医療現場に支援を始める。

日産は、4月から医療用フェースシールドの製造を始めると発表した。

自社が持つ3Dプリンターを使用して、月におよそ2,500個を製造し、医療現場に順次提供していくという。

また、人工呼吸器や人工心肺装置の製造メーカーへの生産の支援なども検討していくとしている。

(FNNプライムオンライン4月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 日産自動車 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策