住民基本台帳の全記載者へ “10万円給付”で西村経済再生相

政治・外交 暮らし

西村経済再生担当相は19日朝、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」に出演し、10万円の一律給付について、住民基本台帳をベースに、記載されるすべての人に配ることを明らかにした。

西村経済再生相「それぞれの市町村に、住民基本台帳というシステムがありますので、すぐ打ち出して、封筒にその宛名を貼って、そして申請される方は口座番号を送ってくださいと」

西村経済再生相は、一律10万円を「すべての人に給付します」と強調したうえで、特定の日に、住民基本台帳に記載されている人のすべてを対象に、郵送やオンラインで、口座番号を送ってもらう方法での給付を検討していることを明らかにした。

また、休業手当の一部を国が事業主に助成する雇用調整助成金について、「個人に対する休業補償」だとしたうえで、それに基づく「休業手当は払ってもらわないといけない」と強調した。

一方で、厚生労働省が緊急事態宣言のもとで、事業主に休業手当の支払い義務がない場合があると解釈していることについて、「確認する」と述べた。

(FNNプライムオンライン4月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(経済)年金・医療・社会保障政策 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策