農業用フィルムで医療用ガウン “医療崩壊”を防げ

経済・ビジネス 社会 医療・健康

新型コロナウイルスの感染拡大で医療崩壊が懸念される中、業界の垣根を越えて支援が広がっている。

住友化学の子会社「サンテーラ」は、政府からの要請を受け、医療現場で不足している医療用ガウンの素材の生産を始めた。

その素材が、雑草が生えるのを防ぐのに使われる「農業用フィルム」。

医療現場で使用後すぐに破って脱いで破棄できるようにするため、厚さがわずか0.02mmとなっている。

ガウンおよそ30万着分のフィルムを生産する予定。

一方、東京都内にあるキャンピングカーのレンタル会社「ジャパンロードトリップ」は、20日午後にキャンピングカーを神奈川・川崎市の病院に提供する。

万が一、感染していた場合に同居する家族に移さないよう、自宅に帰らない医療従事者が多いということで、キャンピングカーを滞在場所に活用してほしいとしている。

ジャパンロードトリップ キャンピング事業部・竹之内隆太氏「まずは『休憩スペース』として無料で出す。求められる数があれば、その分応えられるようにしたい」

(FNNプライムオンライン4月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス