震度7 津波30メートルの試算 日本海溝など地震で

社会 防災

日本海溝や千島海溝で巨大地震が発生した場合、北海道や東北地方に、最大でおよそ30メートルの津波が到来するとの試算を国の有識者会議がまとめた。

試算では、岩手県沖から続く日本海溝沿いで、最大でマグニチュード9.1。
襟裳岬から東にある千島海溝沿いでは、最大でマグニチュード9.3の地震が発生するとした。

この結果、北海道の厚岸町、浜中町で震度7。
北海道・青森・岩手のあわせて20の市町村で、震度6強を観測するとしている。

また北海道では、津波が高いところで、えりも町で27.9メートル、広尾町で26.1メートルなど、20メートルを超える津波が、地震発生から30分から40分ほどで到達するとしている。

東北地方では、岩手・宮古市で29.7メートル、青森・八戸市で26.1メートルなどとなっている。

政府は、今回の試算をもとに、被害の想定や対策を2020年度中に検討する予定。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

北海道 青森 災害 地震 防災 防災政策・災害対策 東北 福島 地震・噴火 宮城 岩手 FNNニュース 津波