楽天のPCR検査キットに懸念 日本医師会が指摘

社会 暮らし 医療・健康

日本医師会の横倉義武会長は、楽天が新型コロナウイルスのPCR検査キットを法人向けに販売していることについて、「この検査に頼りすぎているのは非常に危険だ」と指摘した。

楽天が出資先との共同で販売を始めた検査キットは、利用者が自分の鼻に綿棒を入れて検体を採取するもの。

横倉会長は、この検査に頼りすぎるのは非常に危険だと指摘。
釜萢敏(かまやち・さとし)常任理事も「実際は陽性なのに、誤って陰性との判定結果が出ることが懸念される」と説明、「出勤できるかどうかの判断に使うと大きな誤りが出る」と指摘した。

一方、PCR検査については、「制度を管理したうえで、幅広く検査ができるようにするべき」と述べた。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 楽天 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス