人の移動最小化協議 「減少が不十分」

政治・外交 暮らし 医療・健康

ゴールデンウイークを控えて、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、23日朝、政府と全国知事会がテレビ会議を行い、休業要請の実効性や人の移動を最小化するための措置などについて協議した。

テレビ会議では、「人の流れの減少が不十分」とする専門家会議の指摘を受け、知事会が、都道府県境をまたぐ国の道路の規制などの特例措置を求めたのに対し、国側は、注意喚起や駐車場利用禁止の可能性について、国土交通省と協議していく意向を示した。

また、西村経済再生相は、緊急事態宣言後も営業を続けるパチンコ店などへの対策として、店名公表などの「より強い措置」を講じるためのガイドラインを23日中に出すことを都道府県側に伝えた。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言