長崎クルーズ船 感染者48人に 全乗組員を検査

社会 医療・健康

長崎市の造船所に停泊中のクルーズ船で新型コロナウイルスの感染者が相次ぎ、乗組員全員の検査を進める中で、新たに14人の感染が確認された。

長崎県 福祉保健部・中田勝己部長「66人の検体採取、14人の陽性確認」

クルーズ客船「コスタ・アトランチカ」では、22日までに34人の感染が確認されていて、623人にのぼる乗組員全員の検査が22日から行われている。

船の維持に携わる乗組員を優先に、これまでに66人から検体を採取し、23日未明に、食事を作ったり運んだりしていた乗組員14人の感染が確認された。

船では、県知事からの災害派遣要請を受けて、陸上自衛隊の医官などが検体採取の支援にあたっている。

また、同じ船会社が運航している客船が23日朝、食料などの補給のために長崎港に入港した。

乗組員は下船しないことなどが条件で、24時間態勢で警備が行われている。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 長崎 九州 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス