日本赤十字社が、献血を使って新型コロナウイルスに感染していたかを確認する抗体検査を行うことがわかった。

抗体検査は、新型コロナウイルスに感染したあと、体内にできる抗体を確認するもので、今回、日本赤十字社は、厚労省からの依頼を受けて、検査キットの性能を評価するため、集めた献血を使って抗体検査を行うという。

検査は、献血をした人の同意を得て行い、結果が陽性であっても本人には知らせず、研究用に使われる。

日本赤十字社は、どれぐらいの人が新型コロナウイルスの抗体を持っているかなど、研究結果を発表するかどうかはわからないとしている。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]