スーパーの利用「3日に1回」“自粛”後も密集続き 都要請へ

社会 暮らし 医療・健康

買い物は、3日に一度に。

小池都知事が新たな呼びかけ。

23日午後、記者会見を行った小池百合子知事。

東京都・小池知事「都内では、いまだに毎日100名以上の高水準のままであります。そうした中で、大型連休で人の流れが激しくなって、人と人の接触がまた増えてしまう、より一層の感染拡大が懸念されている」

外出自粛の要請が出て以来、都心の繁華街では人出が減っている。

一方で、住宅街のスーパーなどでは買い物客が増え、密集状態となっていた。

これが感染リスクを高めると問題視されていた。

東京都・小池知事「都民の皆さま方には、毎日のお買い物を3日に1回ぐらいに控えていただきたい。食料品など十分な供給がされていることはご存じの通りでありますので、だからといって急に買い出しにダッシュしていく、買い占めるということはお避けいただきたい」

23日、都内のスーパーで見られたのは、間隔を空け、店内への入場を待つ人の姿。

こうした入場制限は、別のスーパーでも。
開店前から多くの人が訪れたため、お知らせを置いて、入場制限が行われていた。

「お店側としては大変だと思うが、安心して買い物するためには、(入場制限)取り組みも必要かなと思う」といった声が聞かれた。

当初は、名前のイニシャルや生まれた月などで来店時間を分け、買い物客を分散させる案も検討されていた。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

東京 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言