家賃支払い困っている人に相当額給付 支援策

政治・外交 暮らし

厚生労働省は、新型コロナウイルスの影響で、家賃の支払いに困っている人を対象に家賃相当額を給付する支援策を発表した。

支援策は、失業者などへの住居確保給付金の制度を使って、新型コロナウイルスの影響で収入が減少し、家賃の支払いに困り、住居を失うおそれがある人にも対象を拡大した。

給付金は原則3カ月、最大9カ月間、家賃の相当額を自治体から家主に支給する。

支給上限額は、東京23区の場合、単身世帯で5万3,700円、2人世帯で6万4,000円、3人世帯で6万9,800円となっている。

(FNNプライムオンライン4月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策