大阪府 パチンコ店名公表へ 休業要請応じない場合

社会 暮らし 医療・健康

大阪府は、休業要請に応じない府内のパチンコ店の店名を24日午後にも公表する予定。

大阪府は、国の緊急事態宣言を受けて、4月14日から施設の休業を要請しているが、一部のパチンコ店など、これに応じない施設があるという通報が、23日までに1,200件以上寄せられている。

その中でも、大規模な感染が起きるおそれがあると判断したパチンコ店11店舗に対し、22日までに休業を求める通知を行っていて、従わない場合は、特別措置法に基づく強い要請を行い、午後にもウェブサイトで店舗名を公表する方針。

大阪府の吉村洋文知事「公表することによって、利用している皆さんに、ここへは行かないでくださいというのが趣旨なので、そこもしっかり伝えていきたい」

また、大阪府は、スーパーマーケットに対し入店規制を求める方針で、高齢者や妊婦など、感染した際のリスクが高い人が優先的に利用できる時間を作るような要請を検討している。

ポイントデーなど、集客が目的のイベントの見直しも求める予定で、24日にも具体的な方針を固め、大手スーパーに要請するという。

(FNNプライムオンライン4月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

大阪 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 関西 健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 外出自粛