入院できず待機「責任重い」 埼玉で2人死亡

社会 暮らし 医療・健康

埼玉で新型コロナウイルスに感染した軽症者で、入院できず、自宅で待機していた男性2人が死亡したことを受け、埼玉県の大野知事は「われわれの責任は重い」と述べた。

大野知事「このような事態に至った、われわれの責任は重いと考えており、その対応方針について、変更をするための検証をしたい」

埼玉県では病院のベッド数がひっ迫しており、23日現在、357人の軽症者が入院できずに自宅で待機している。

県内では、4月21日に50代の男性が自宅で待機中に容体が急変し、死亡したほか、14日にもベッドが空くまで入院できずに自宅で待機していた70代の男性が死亡していたことがわかった。

埼玉県では、指に着用して血液中の酸素濃度を測るパルスオキシメーターの保健所への配備を進めている。

(FNNプライムオンライン4月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 埼玉 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス