「ほぼ会わないのに」家族感染 息子が不安語る

社会 暮らし 医療・健康

新型コロナウイルスに感染し、先週退院した男性(34)がFNNのインタビューに応じ、「同居中の母親に感染した。どれだけたくさんの人にうつした可能性があるのか怖いと思った」と家庭内感染の怖さを語った。

退院した男性「母親も症状も何もなかったので『なっているわけないじゃん。大丈夫だよ』と言っていたのにかかった。わたしからうつったと思う。不安になった。どうしようと思った」

34歳の男性は、職場のスタッフが感染し、濃厚接触者として検査を受けたところ、自身も感染していたことがわかった。

自覚症状がほとんどなかったため、感染の事実に驚いたという男性。

同居していた母親も、症状のないまま感染していた。

母親は男性の車を運転した際に、感染したとみられている。

退院した男性「すごく簡単にうつるんだと思った。(母親とは)ほぼ会うこともないのに、(同じ)車に乗ったりするだけでうつる。触れ合うことがなくても」

男性は自身の体験をふまえ、外出自粛などへの協力をブログを通じて呼びかけている。

退院した男性「都心から離れている人たちは、あまり変わらずに外に出たりすることも多い。自分が元気でも誰かにうつしている可能性があるということを伝えたい」

(FNNプライムオンライン4月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス