破水したのに...帰省の妊婦拒否 感染ゼロの岩手で

社会 暮らし 医療・健康

千葉県から帰省した妊婦の受け入れを、岩手県の2つの県立病院が断っていたことがわかった。

岩手県医療局などによると、4月17日、千葉県から一関市に帰省していた30歳代の妊婦から「破水したみたいだ」と電話で県立磐井病院に相談があった。

病院では、妊婦が帰省して3日ほどしかたっておらず、感染症対策が整っていないとして、受け入れを断った。

その後、北上市の県立中部病院からも受け入れを断られた妊婦は、救急車で盛岡市の病院に搬送された。

PCR検査で陰性と確認されたあと、無事に出産したという。

2つの県立病院では、「里帰り出産」について、来県後2週間は、自宅などで待機をしてから受診するよう求めていた。

磐井病院では「どこも受け入れ先が見つからなかった場合は、受け入れる覚悟はあった」と話していて、中部病院では「早期に感染症対策をして、今後、緊急の場合は妊婦を受け入れたい」としている。

(FNNプライムオンライン4月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 岩手 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス