巨人・原監督など5人 東京コロナ医療支援基金を発足

スポーツ 医療・健康

プロ野球・巨人は、原辰徳監督など5人が、東京都に1人1,000万円ずつと医療機関向けマスク4万枚を寄付し、東京コロナ医療支援基金を発足した。

これは、小池都知事が24日の会見で明らかにしたもので、会見では、原監督らによるビデオレターが流された。

原辰徳監督「東京が今、大変なことになっています。われわれで何かできることはないか。5人が先頭の立ち、東京コロナ医療支援基金を発足させよう。医療関係者、医療機器、医療用品に役に立ててもらおう。医療従事者の方に感謝と敬意を込めて送ります」

巨人・菅野智之投手「厳しい状況の医療現場のために少しでも力になっていきたいと思います。皆さんもぜひ、支援の輪に加わってください」

(FNNプライムオンライン4月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 プロ野球 FNNニュース 野球 COVID-19 新型コロナウイルス