全国の学校 約9割が休校 緊急事態宣言拡大で

社会 教育

緊急事態宣言の拡大を受けて、全国の学校のおよそ9割が休校をしていることが、文部科学省の調査でわかった。

文科省が、全国の国公私立の小中高校などを対象に行った調査によると、22日時点で、小学校で95%、中学校で95%、高校で97%休校となっている。

4月10日時点では、およそ6割の学校が休校中だったが、16日に全国に向けて緊急事態宣言が出されたことで、休校する学校が拡大した形となっている。

文科省は、休校中も適切に家庭学習を課すなどして、児童生徒の学びの保障をするよう要請している。

(FNNプライムオンライン4月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

教育 FNNニュース 学校 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言