西村経済再生相が自宅待機 “陽性”政府職員が視察同行

政治・外交 医療・健康

新型コロナウイルス対策を最前線で行う西村経済再生担当相が、自宅待機をすることになった。

感染した政府職員が、視察に同行していたことがわかったためだとしている。

内閣官房によると、西村大臣は、25日に予定していた記者会見を取りやめ、念のため、保健所からの指導があるまでの間、自宅待機するという。

24日に陽性が確認された、新型コロナウイルス感染症対策推進室の40代の男性職員が、19日の西村大臣の東大病院の視察に同行していたためとしている。

西村大臣に症状はなく、視察は距離を取って行っていたことなどから、西村大臣は、この職員の濃厚接触者にはあたらないという。

西村大臣の自宅待機について、安倍首相は「わたしたち、みんなに感染のリスクがあり、同時にほかの人たちに感染を拡大してしまうリスクがあることを認識しながら、最大限の注意を払っていくことが求められている」と述べたうえで、外出を自粛するよう、あらためて国民に協力を呼びかけた。

(FNNプライムオンライン4月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

政府・内閣 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス