日産 フェイスシールド製造開始 3Dプリンターなど使って

経済・ビジネス 医療・健康

日産自動車は、試作車のパーツ製造に使う3Dプリンターなどで、医療用フェイスシールドの製造を始めた。

複数の事業所でそれぞれ作ったパーツで、月におよそ2,500個を製造し、医療現場に、順次提供するという。

(FNNプライムオンライン4月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 日産自動車 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス