「ステイホーム週間」初日の各地 “ゴルフ”やパチンコ店は大勢の人

社会

全国の広い範囲で晴天に恵まれた25日は、人の流れはどうだったのか。
列島各地の様子をまとめた。

25日朝の東京駅。
東海道新幹線のホームでは、ドアが開いても、乗車する客はわずかだった。

JR各社によると、東京駅を出発した新幹線の乗車率は、すべて10%以下で、中には、自由席の乗車率が0%の新幹線もあったという。

25日から始まった小池都知事提唱の「ステイホーム週間」。

八王子市の観光地「高尾山」では、登山の自粛を呼びかけ、25日からケーブルカーを運休した。

ところが、登山口には外出自粛の張り紙があるが、朝から多くの人が登っていた。

訪れた人「人が少ないからいいのかなと思って、来ちゃいました」

一方、神奈川県の黒岩知事が「湘南に来ないで」と呼びかけた湘南の海では...。

25日もサーフィンを楽しむ人はいたが、先週末のように、海岸沿いの道路に目立った渋滞はなく、訪れる人はずいぶん減ったように見える。

地元自治体は、公営の駐車場を閉鎖した。

地元の人「来てほしいけど、来られると...。飲食店をやっている人が一番悩んでるかなと」

また、県外からの来訪を控えるよう求めている長野県では、25日、高速道路の出口で県外ナンバーの車がどれくらいいるのかをチェックした。

そうした中、25日に多くの人が訪れていたのが、川崎市の多摩川河川敷にあるゴルフ練習場。
ほとんどのブースが埋まっていた。

また、休業要請の対象となっているものの、25日も営業を続けている東京・世田谷区のパチンコ店にも、開店と同時に続々と人が入っていった。

一方、東京都内のスーパーでは、小池都知事が買い物を3日に1回程度に控えるよう要請したことを受けて、普段は1袋4個の玉ねぎが、25日は9個と大盛り3日分で販売されていた。

玉ねぎやキュウリの1袋を、これまでよりも増やして販売するようにした。

買い物客「まとめてお得に買えるのはありがたい。なるべく1人で行くようにはしている」

スーパーイズミ・五味衛社長「きのうあたりは、だいぶ上がった、客単価が。びっくりした。3~4割、1人あたりの買う量がアップしている」

感染者の拡大に歯止めをかけるためにも、買い物の回数を減らすことが求められている。

(FNNプライムオンライン4月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛