東京 13日ぶり100人以下に 検査少ない? 自粛要請効果?

社会 暮らし 医療・健康

26日も各地で新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる。

東京都では、72人の感染が確認され、新潟市では赤ちゃんの感染が明らかになった。

都内で新たに感染が確認されたのは72人で、都内の1日の感染者数が100人を下回ったのは、4月13日以来、13日ぶり。

週末のため、検査の件数自体が少なかった可能性もあるが、専門家は先週、都内の増加傾向が「鈍化している」と指摘し、小池知事の外出自粛要請の効果が出ているとみられるとの見解を示している。

一方、福岡・久留米市では、新たに2人の感染が判明した。

2人は、集団感染が発生している、クラブ・マビニの利用客で、マビニの従業員や客などで感染が確認されたのは、これで20人となった。

新潟県では、乳幼児の女の子を含む4人の感染が判明した。

女の子の感染経路は不明で、24日に38度から39度台の発熱があったが、すでに熱は下がったという。

また沖縄県では、3人の感染が判明していて、このうち10代の男性など2人は、家族内での感染とみられる。

26日は午後5時現在、全国で127人の感染が判明していて、国内の感染者はあわせて1万3,325人となっている。

(FNNプライムオンライン4月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 外出自粛