JAL“3000億円”融資要請 新型コロナで大幅減便影響

経済・ビジネス

3,000億円規模の融資を要請。

関係者によると、日本航空は、三菱UFJ銀行やみずほ銀行などに、あわせて3,000億円規模の融資を要請していることがわかった。

新型コロナウイルスの感染拡大で、国際線・国内線ともに大幅な減便が続き、業績が急速に悪化していることを受けて、手元資金を厚くするのが狙いとみられる。

(FNNプライムオンライン4月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

日本航空 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策