休業要請中のスポーツ施設利用者が陽性 全国で新たに209人が感染

社会 暮らし 医療・健康

栃木県では、新たに2人の新型コロナウイルス感染が確認され、このうち80代の女性は4月16日と21日に大田原市のスポーツ施設を利用していた。

この施設は、4月18日からの栃木県の休業要請の対象となっていたが、営業を続けていた。

また、兵庫・明石市では、救急隊員の40代の男性が感染していたことがわかった。

男性は4月、頭痛を訴えた70代女性の救急搬送に携わっていて、その後、女性の感染が判明している。

富山県では、集団感染が起きている富山リハビリテーションホームの入所者の90代の女性が死亡した。

この施設の入所者で死亡したのは3人になった。

26日は、全国で209人の感染が確認され、国内の感染者はあわせて1万3,407人となっている。

また、全国で12人が亡くなったことがわかった。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛