「昼になっても収集車来ない」 家庭ゴミ増加で

社会 暮らし

緊急事態宣言で外出自粛が求められる中、家庭ごみが増えて、収集に遅れが生じる自治体が出ている。

大阪・吹田市では、緊急事態宣言が出されて以降、「通常、午前中に来るごみ収集車が、昼になっても来ない」という問い合わせが市民から相次いでいる。

吹田市によると、家庭ごみの量は、2019年の同じ時期に比べて15%ほど増えている日もあり、ごみ焼却場との往復が多くなり、収集に遅れが生じている。

吹田市の担当者「ご家庭でお食事等もとられてるというところがあると思います。また、時間が増えたことによって、片づけをされる機会も増えて、(ゴミ)多く出されるようになっていると」

吹田市では、収集車の台数は増やしておらず、収集時間が通常と異なる場合があるとウェブサイトに掲載して、市民に理解を求めている。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

ごみ FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛