【独自】日本航空“医療”兼業を可に

経済・ビジネス 医療・健康

日本航空は、医療関係の資格を持っている社員について、医療現場での就業を認める新たな制度をつくった。

これまで、日本航空では兼業は禁止だったが、社員から「医療現場を助けたい」などの声があったことから、希望者の就業を認めることになったということで、期間は、4月24日から7月末までを予定している。

一方、全日空では、医療用ガウンの縫製業務を支援する希望者を、社員などから募集していて、航空会社による医療現場への支援が活発化している。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 日本航空 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策