“新型コロナ”感染 「減少傾向も少し遅い」

社会 暮らし 医療・健康

東京都で27日、新たに39人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。

50人を下回るのは、3月30日以来。

東京都・小池知事「月曜日は一番数字が低いというのはいつもの通り。一方で、40を切ったというのは久々の数字であることに違いない」

27日、都内で感染が確認されたのは39人で、26日の72人に続いて、2日連続で感染者の数が2桁となった。

1日の感染者が50人を下回るのは、3月30日以来。

厚労省クラスター対策班に参加する専門家は、「減少傾向に転じたが、減少速度が少し遅い」と分析し、人との接触8割削減の重要性を訴えた。

北海道大学・西浦教授「人の減り方も必ずしも完璧に減っているわけではないので、GW中も含めて、よりいっそう協力をいただければと思う」

また、北海道では新たに35人の感染が判明した。

札幌市では、空手教室や病院などで集団感染が発生し、1日としては、これまでの最多と並ぶ26人の感染が判明している。

新たに30人の感染が判明した大阪府では、感染者が1,500人を超えた。

27日は、全国であわせて172人の感染が判明し、国内の感染者は1万3,579人となったほか、全国であわせて22人の死亡が発表された。

一方、これまでに473人の感染が判明している愛知県では、43日ぶりに新たな感染者が確認されなかったという。

(FNNプライムオンライン4月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス