国会議員“歳費カット法”成立 全会一致 1年間2割削減

政治・外交

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国会議員の給料にあたる歳費を2割カットする改正歳費法が成立した。

改正歳費法は、議員歳費を5月から1年間、2割削減するもので、27日の参議院の本会議で全会一致で可決・成立した。

これにより、国会議員1人あたりの歳費は、月額129万4,000円からおよそ26万円減額され、103万5,200円となる。

国民生活や経済が打撃を受けている状況を考慮し、国会議員が身を切る姿勢を示すためのもので、衆参両院で1日で審議を終える異例のスピード成立となった。

(FNNプライムオンライン4月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

国会 FNNニュース