タクシー会社 大量解雇を撤回 従業員 約600人

社会

新型コロナウイルスの影響で、運転手らの大量解雇を決めたタクシー会社が、一転して、解雇を撤回する方針を示したことがわかった。

タクシー会社「ロイヤルリムジン」をめぐっては、4月上旬、グループ会社の従業員およそ600人に対して解雇を通告していたが、一部の運転手らが「解雇は無効」と主張し、東京地裁に仮処分を申し立てている。

労働組合「日本労働評議会」によると、20日に行われた団体交渉で、ロイヤルリムジン側が「解雇した覚えはない」などと説明し、撤回の方針が伝えられたという。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

運輸・交通 労働・雇用 FNNニュース タクシー COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策