緊急事態宣言から3週間 専門家「減少速度は理論上より少し遅い」

社会 暮らし 医療・健康

新型コロナウイルス特措法に基づく、緊急事態宣言が最初に出されてから、28日で3週間になる。

専門家は、「東京都では感染者が明確に減少している一方、減少の速度は、理論上より少し遅い」としている。

都内の27日の新たな感染者は39人で、2日連続で100人を下回った。

緊急事態宣言が出された4月7日以降、東京、大阪、福岡の大都市圏では、11日や17日前後にピークを迎え、グラフに赤色で表示されている東京は、24日ごろから減少しているように見られる。

厚生労働省のクラスター対策班のメンバーで、北海道大学の西浦博教授は、「東京都については、感染者数自体が明確に減少し始めている一方、減少する速度自体が理論上より少し遅い」として、「今の行動は、2週間後の感染者の劇的な変化につながると思って行動に注意してほしい」としている。

加藤厚労相「3密を避けていただく、あるいは外出を自粛していただくなど、いわゆる人との接触を少なくとも7割、できれば8割下げていただく。これは、やっぱり徹底していただくことが非常に大事」

加藤厚労相は、閣議の後の会見で、ゴールデンウイーク中も、人との接触8割減少に向けて協力を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン4月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛