飲食店の家賃支払い猶予法案 野党5党が提出

政治・外交

新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店などの支援をめぐり、野党5党は28日、家賃支援の法案を国会に提出した。

立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党と、日本維新の会の野党5党が、衆議院に共同提出した法案は、収入が減った事業者に対し、家賃の支払いを政府系金融機関が肩代わりし、支払いを1年程度猶予するもの。

さらに、賃料を減額したオーナーに対する国の一部補助も盛り込まれている。

安倍首相「家賃の支払いに苦労している事業者の方がたくさんおられる。この状態がさらに延びていくということになれば、当然さらなる対策も必要となってくる」

自民党の岸田政調会長は、政府系金融機関による無利子無担保融資に加え、家賃など固定費の返済を、国が支援する案を検討する考えを示した。

(FNNプライムオンライン4月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

国会 FNNニュース 飲食店 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策