感染研「欧米からの第2波で拡大」と分析 「第3、第4の波は必然」

社会 医療・健康

国立感染症研究所は、国内での新型コロナウイルスの感染拡大の経緯について、中国・武漢からの第1波の封じ込めには成功したが、欧米からの第2波の流入を許し、感染が拡大した可能性が高いとの調査結果を発表した。

感染研がウイルス株の変異の状況をもとに調査したところ、1月初旬に国内にもたらされた中国・武漢からの第1波に対しては、封じ込めに成功したとしている。

しかし、渡航自粛が始まる3月中旬までに海外からの帰国者経由でもたらされた欧米からの第2波の流入を許し、数週間のうちに全国各地へ感染が拡大した可能性が高いという。

感染研は「今後、第3、第4の波が来ることは必然だ」としている。

(FNNプライムオンライン4月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス