自動車各社 生産が大幅減 大震災ぶりの落ち込み

経済・ビジネス

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自動車メーカー各社の3月の生産台数が大幅に減少した。

トヨタ自動車の3月の世界での生産台数は、2019年の同じ月より23.8%減って、68万1,510台だった。

20%以上落ち込むのは、東日本大震災の影響を受けた2011年6月以来、8年9カ月ぶり。

また、日産自動車も41.4%減少して26万1,975台、ホンダも42.6%減少して27万5,388台と、それぞれ大幅に減少している。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、工場の操業停止が相次いでいるためだとしている。

(FNNプライムオンライン4月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

自動車 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策