沖縄を守るため「今は控えて...」 那覇空港は閑散

社会 暮らし

本格的にゴールデンウイークがスタート。
沖縄・那覇空港には、例年のような観光客の姿はほとんどない。

例年のゴールデンウイークであれば、観光客などで人があふれかえっているが、新型コロナウイルスの影響を受けた今、那覇空港内は閑散としている。

「皆さんの愛する沖縄を守るため、今は来沖を控えてほしい」と沖縄県の玉城デニー知事がゴールデンウイーク期間中の来県自粛を求めている中、那覇空港で家族連れなどの姿はわずかだった。

仕事で訪れた人「(沖縄に来た目的は?)仕事です。どこに行っても同じような感じだと思う。仕事の時以外は家にいるような感じなんで」、「仕事で。(感染予防のため)わたしもなるべく、触らないように手袋とマスクをしています。(仕事が)終わったら、すぐ帰るようにしています。誰とも会わないように」

無用な人との接触を避けるため、みな目的地へ向かって足早に空港をあとにしていた。

(FNNプライムオンライン4月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

沖縄 FNNニュース ゴールデンウイーク COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛