東京47人、北海道38人の感染確認 全国で22人が亡くなる

社会 暮らし 医療・健康

29日は、全国で新たに224人の新型コロナウイルスの感染が確認された。

東京都で確認された感染者は47人と、27日に続き、50人を下回った。

東京都では29日、新たに47人の感染が確認され、27日に続き、50人を下回った。

新たな感染者47人のうち、27人が感染経路不明で調査中となっている。

これで、都内の感染者は累計で4,106人となった。

また29日、新たに9人の死亡が確認された。

一方、感染の第2波となっている北海道では、新たに38人の感染が確認され、このうちの20人が札幌市の介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」の入所者と職員。

北海道内の介護施設としては最多となる、35人の集団感染となっている。

さらに、札幌市の北海道がんセンターでは、20代の男性医師と50代の女性患者の感染が確認され、院内感染は67人となった。

このほかにも、29日は大阪府で44人、神奈川県で26人、埼玉県で15人など、全国で224人の感染が確認された。

また、大阪府と神奈川県でそれぞれ3人、石川県と福岡県でそれぞれ2人など、全国で22人が亡くなったことが発表された。

(FNNプライムオンライン4月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス