埼玉 軽症者ら受け入れ 熊谷市で151室用意

社会 暮らし 医療・健康

新型コロナウイルスの感染拡大で病院のベッド数がひっ迫する中、埼玉県が借り上げたホテルで、30日から軽症者などの受け入れが始まる。

埼玉県が借り上げた熊谷市のホテルでは、軽症者や無症状の人を受け入れるために、151室が用意されている。

県内では病院のベッド数がひっ迫していて、5月6日までに1,000室のホテルを確保したいとしている。

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 埼玉 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス